弁護士の選び方

B型肝炎の給付金請求訴訟を起こす場合は、個人でもできますが、複雑な手続きや証拠集めなど素人では限界もありますので、弁護士に依頼するのが一般的です。受け取れる給付金は、病状により変わりますが、病状によって金額は一律ですから、弁護によって給付金の額が変わるという事はありません

弁護士しかし弁護士により手数料や成功報酬の金額設定は違いますので、弁護士費用により最終的に受け取れる金額は変わってきます。手続きに必要な切手代や収入印紙代は変わりませんが、成功報酬は弁護士により違いますので、高く設定している弁護士に依頼すると、給付金から引かれる金額も大きくなります

一般的には給付金の8%から12%に設定するのが相場となっていますので、それを考えて弁護士を選ぶのもポイントです。弁護士に相談する時は、病状により給付金は変わりますが、成功報酬を何%支払うのかもきちんと確認しておく事が大切です。%の数字が低いほど引かれる金額は少なく済みますが、多いと引かれる分も多くなってしまいます。

ただし安ければいいというものでもないので、B型肝炎訴訟に詳しいかどうか、医師と提携しているかどうかも選ぶポイントになってきます。