給付金請求訴訟とは?

B型肝炎給付金を受け取るためには、いくつかの条件を満たしている必要がありますが、条件を満たしているだけでは給付金を受け取れません。給付金を受け取るには、給付金請求訴訟を起こさなければいけません。

国を相手に訴訟を起こすというと、それだけで気が引けてしまいそうですが、知らない間にB型肝炎に感染させられたのですから、給付金を受け取るのは当然の権利です。訴訟と言っても弁護士に相談すれば、全て手続きを代行してもらえますし、弁護士に支払う手数料や成功報酬も、全て給付金に上乗せできますので、経済的な負担を心配せずに済みます。

頭抱えるただし給付金請求訴訟を起こすには、発症から20年という時間制限があります。20年間未請求のままでいると、本来もらえるはずの金額よりも大幅に減ってしまいます。さらに大勢の人が集団予防接種により、B型肝炎に感染してしまったため、訴訟を起こす人も多く給付金が年々減っているという現象も起こっています。

給付金請求訴訟を起こすのは早いほど良いと言われていますので、該当する方は早めに弁護士に相談する事をおすすめします。ただし給付金請求訴訟を起こし、受け取れる給付金は病状によって大きく変わりますが、発症していないキャリアでも受け取る資格はあります。