給付金請求法について

B型肝炎の給付金請求訴訟をする場合の流れを説明します。給付金請求法は、弁護士に相談するところから始めます。弁護士に依頼すると費用がかかるのを不安に思う方もいますが、そういった費用も給付金に上乗せできますし、個人で訴訟を起こすよりプロにまかせたほうが手間もかかりませんし、安心です。

通帳B型肝炎の給付金請求訴訟の依頼を受けた弁護士は、証拠書類を集めます。証拠が集まったら国に対し、訴訟を起こします。国はこの件に関して非を認め和解に応じますから、裁判が長引くという心配もありません。和解が成立したら、給付金が指定した口座に振込まれるという流れです。

多くの場合弁護士に依頼しますが、国は弁護士費用に対しても給付金額の4%程度まで負担しています。弁護士に支払う手数料や成功報酬も、負担を抑えられるようになっています。給付金は病状により異なりますが、重篤な場合は8桁ほどの給付金が支払われます。ただ給付金請求の訴訟を起こす人が多いため、早く訴訟を起こさないと、もらえるはずの金額とりも少なくなる可能性があります。

条件はありますが、条件を満たしていれば、無症候性キャリアでも数百万円の給付金が受け取れますので早めの行動開始が重要です。